日頃からの点検が大切|交換すれば給湯器は甦る|業者選びのコツを伝授
メンズ

交換すれば給湯器は甦る|業者選びのコツを伝授

日頃からの点検が大切

浴室

冬に故障が多い理由

一般家庭で最も普及しているガス給湯器ですが、冬場にいちばん故障しやすいという特徴があります。なぜなら冬場は水道水の温度が低いので、設定した温度のお湯にする際にフル稼働しなければならず、夏場よりもガス給湯器に大きな負担がかかるからです。また、夏場の暑い時期は入浴せずに水シャワーだけで済ます方も多く、必然的にガス給湯器を使う回数が減るため、稼働の機会が多い冬場に故障が増えるという理由もあります。寒い時期に急にお湯が出なくなるというトラブルを避けたいなら、日頃から定期的にガス給湯器の点検をすることが大切です。ガス給湯器が外にある場合、本体にサビがついていないかをまず確認しましょう。サビがひどい時には内部にもサビが発生している可能性があるので、すぐ業者に連絡して点検してもらう必要があります。

異音がしたら使用の中止を

ガス給湯器の不調は音で判断することもできます。普段の動作音と違う音が聞こえたら、近いうちにお湯が出なくなる可能性が高いです。異音がしていてもお湯が出るケースもありますが、不完全燃焼しているおそれもあるので注意が必要です。すぐに使用を中止して業者を呼び点検してもらいましょう。なお、不完全燃焼している時には小さな爆発音がすることが多いです。新しいガス給湯器では安全装置が作動してガスが止まりますが、古いタイプのものだと安全装置がついていない場合もあります。もしそのタイプを使用しているなら、安全装置付きのガス給湯器に取り替えたほうが危険性は少ないです。また、ガス給湯器の耐用年数は一般的に10年と言われています。10年以上使用している方は、いつでも取り替えられるように業者選びをしておくと良いでしょう。